ブーマリ・アボリジナル・アーティスト・コーポラティブ(Boomalli Aboriginal Artists Co-operative)は1987年に設立され、2017年に30周年を迎えました。

多種多様な設立メンバー達は、主流のアートシーンからの認知を得ようと努力しました。

創立メンバーは、以下となっています。

ユーフェミア・ボストック(Euphemia Bostock)

フィオナ・フォーリー(Fiona Foley)

マイケル・ライリー(Michael Riley:故人)

トレーシー・モファット(Tracey Moffatt)

ジェフリー・サミュエルズ(Jeffrey Samuels)

ブロンウィン・バンクロフト(Bronwyn Bancroft)

アヴリル・クアイル(Avril Quaill)

ファーン・マルテンス(Fern Martens)

アロン・ミークス(Arone Meeks)

ブレンダL・クロフト(Brenda L. Croft)


彼らは、都市に拠点を置くアーバン・アボリジナル・アーティストに向けられた先入観を打ち破ろうとしました。ブーマリの存在が今も長く続いていることで、何百人もアボリジナル・アーティスト達が成果をあげ、芸術界に深い影響をもたらしています。過去や現在のメンバーは、永続的な成功を収めています。


ブーマリの主な目標は、ニューサウスウェールズ(NSW)州の先住民言語グループに所属するアボリジナル・アーティストを広く知らしめることです。ブーマリは、メンバーの著作権を支持するだけでなく、奨励し周知徹底し、保護しています。 また、ブーマリは、NSW州の地方と都市のアボリジナル・アーティスト達のために、双方向の交流を向上させるよう努力しています。

現在、ブーマリには50人のアーティストが所属しており、およそ3分の1が新興アーティストです。また所属アーティストの半数以上が地方に住んでいます。

私たちの中心哲学は、直に経験することのみで得られる、多様で専門的なスキルを持つNSW州出身のアボリジナル・アーティスト達を支援することです。

作品をブーマリで展示し、広め、世に送り出すことは、個々のアーティストが成功する礎となるだけでなく、ブーマリ全体に幅広い成功をもたらすものです。


ブーマリの目標は、NSW州の先住民言語グループ出身アーティストのために、新しく確固とした機会を提供することです。ブーマリは特に、地方在住アーティストに対し、社会的に平等な立場となるよう尽力しています。

ブーマリはまた、ユーラバ・ペーパー・カンパニー(The Euraba Paper Company)とACEノース・コースト(ACE North Coast)と提携しています。


ブーマリのギャラリーはシドニー中央商業地区(CBD)の西方、55-59 Flood St Leichhardtにあります。ギャラリーは大きなメインギャラリーと、2部屋の小ギャラリーから構成されています。所属アーティストは、小ギャラリーで、独自の個展を企画・開催しています。


ブーマリは、地方在住の所属アーティストとその家族に対し、ギャラリーで開催される展覧会に参加して、平等な機会を得ることができるよう支援しています。これは、ブーマリが存続しているからこそ可能なのです。ブーマリが主催した展覧会の過去4年間の成功は、アーティストやスタッフ、ボランティアの献身の証でしょう。


アボリジナル・アーティストの協同組合として、私たちの持続的な目標は、所属アーティストの支援です。NSW州で最も長く続いているアボリジナル・アーティストのための団体としてのユニークな立場は、所属アーティストにアート市場での様々な価値をもたらしています

我々の高いレベルのプロフェッショナリズムは、アーティスト達が卓越したレベルの活動を達成する助けとなっています。

 

Translated by Boomalli volunteer, Yoshinori Kosaka.